歯の矯正はどうする?

歯というのは私たちにとって必要不可欠な身体の一部です。

歯が無ければ食事をすることもできないし、力を入れて踏ん張ることもできません。

そして歯と言うのは笑った時、話した時に周りから見えることもあって、その人の第一印象に大きく影響します。

そんな歯ですが、私たちは生まれてすぐには歯はなく、成長と主にまずは子供の歯と言われる乳歯が生えてきます。

乳歯は次第に抜け落ち、そしてその後から大人の歯である永久歯が生えてきます。

永久歯はもう生え変わることはなく、私たちはその永久歯を大事にして行きていかなくてはなりません。

この様に歯というのは元々歯茎に生えていた訳ではなく、成長とともに生えるものです。

生えてくる本数と種類はみな同じなのですが、生える土台が人それぞれであることなどから、顎の大きさが異なると、生えた歯の並びというのはきれいな人とガチャガチャになってしまう人とそれぞれいるのです。

http://www.telmamonteiro.com/

歯並びというのは色々で悪かった場合、少々重なって生えたり、離れて隙間が空いたりするパターン、重なりが酷く歯がまったくきれいに並んでいないというパターンなどがあります。

こういった歯並びの場合、矯正をするという手段があるのですが、矯正はした方がいいのでしょうか?

歯並びの悪さは、見た目の問題だけではなく、虫歯になりやすかったり、きちんと物が噛めていなかったり、酷い場合は肩こりや頭痛を引き起こす場合もあります。

、できれば、正しい時期にきちんと矯正することをお勧めします。